覆面での店舗調査の利点|ラウンダーが売り上げアップの力添え|共に働く

ラウンダーが売り上げアップの力添え|共に働く

覆面での店舗調査の利点

レストラン

調査する必要性

テクニックの成熟によって、会社組織は販売品の仕上がり具合だけで明確な違いを見せることはシビアになっています。多種多様な趣向を凝らしたサービスそのものも現れしたがって、消費者の充実感は商品それ自体は当たり前として商品を買い入れる上での手順に重点を置く時代に突入しています。その手順において重要度が最も高いのはその現場の従業員との接点といえます。接点におきましてフラストレーションを感じ取った利用者は2度と店に来ないだけでなく、そのフラストレーションを自身の周りの人に伝達します。覆面調査につきましてはその現場の従業員との接点においての問題発見、さらに価値化となるアピールポイントが見出すことができる調査手法です。覆面調査は多くの会社で採用されています。

現場からの能動的な向上

覆面調査については、いわゆる消費者の意見ですから店長、あるいは従業員が結果を受け入れ易いといえます。加えて、それぞれの店でのアピールポイントを見つけ、別のお店にも浸透させることが実現可能です。覆面調査を行うことでオペレーションのチェック、対応している従業員のインプレッションそれから、会計時のサービスなどに対して、消費者の視線での分析的な評価を獲得できます。消費者の意見を受け止めその現場でコミュニケーションを取ることで、向上へのアクションがスタートします。相互に指導しあったりすることで、その現場レベルでの向上を考えることができます。それから、覆面調査をもう一度行うことで、好転の結果を確認することが可能です。